中1英語 単語の練習

LINEで送る

スポンサードリンク


単語の練習

ここでは前回の単語の練習 part1の続きです。
前回、単語の練習をするときには次のことが大切だと言いました。

 

<単語の練習をするときにすること>

1.声に出して発音する。
2.実際に手で書いてみる
3.どの部分がどんな発音になっているのか確認しながら書く

 

あなたはこれから単語の練習をたくさんすることになっていきます。そのときにこれらのことを実行するか、それともなんとなく惰性でやっていくかで効果は全然違ってきます。それでは下に中1で最初に出てくる代表的な単語を挙げておきましたので見て下さい。

 

カッコの中が発音で、一番右側に意味が書いてあります。
実際に上で書いてあることを意識しながら書く練習をしてみてください。

 

1, ant  (アーントゥ) アリ

 

2, boat  (ボウトゥ)  ボート

 

3, car  (カー)    車

 

4, desk  (デースク)  机

 

5, egg  (エーッグ)  卵

 

6, fish  (フィーッシュ)魚

 

7, guitar (ギター)   ギター

 

8, house (ハーウス)  家

 

9, ink  (イーンク)  インク

 

10,jam  (ジャーム)  ジャム

 

11,koala (コアーラ)  コアラ

 

12,lion  (ラーイオン) ライオン

 

13,moon  (ムーン)   月

 

14,notebook(ノートブック)ノート

 

15,octopus(オークトパス)たこ

 

16,piano (ピアーノ)  ピアノ

 

17,question(クエスチョン)質問

 

18,racket (ラーケットゥ)ラケット

 

19,soccer (サ−カー)  サッカー

 

20,tennis (テーニス)  テニス

 

21,umbrella(アンブレーラ)傘

 

22,video (ヴィーディオ) ビデオ

 

23,watch (ワーッチ)  腕時計

 

24,box  (バーックス) 箱

 

25,yellow (イエロゥ)  黄色

 

26,zebra (ズィーブラ) シマウマ

 

単語を覚えることは、これからずっと続いていくとても大切なことです。
これの効率的な方法を中1の初めに身につけられれば今後の英語の勉強がとても楽になっていきますので頑張って今の時点でこういう覚え方の「クセ」をつけてしまいましょう。

スポンサードリンク


LINEで送る

ページの先頭に戻る