中1英語 あいさつ、教室で使う表現 part1

LINEで送る

スポンサードリンク


あいさつ・教室で使う表現

ここでは「あいさつ・教室で使う表現」の説明をしていきます。学校で英語の勉強を始める時にも、アルファベットや簡単な単語の練習をしたあとはこの勉強をしていくことがほとんどだと思います。

 

まずは「あいさつ」からです。

 

 

<あいさつの表現>

 

「Good morning, Ms. Green.」 (グドゥモーニン ミズグリーン)
 (グリーン先生おはようございます)

 

「How are you?」 (ハウ アーユー)
 (お元気ですか)

 

「I'm fine, thank you.」 (アイム ファイン センキュー)
 (私は元気です、ありがとう)

 

「And you?」 (エーンドゥ ユー)
 (あなたはどうですか)

 

「Goodbye, Kazu.」 (グッバーイ カズ)
 (さようなら、カズ)

 

「Stand up.」 (スターン ダップ)
 (起立)

 

「Sit down.」 (スィッ ダーウン)
 (着席)

 

「Raise your hand.」 (レイズ ユア ヘーンドゥ)
 (手を挙げて)

 

「Open your book to page four.」 (オウプン ユア ブック トゥ ペイジ フォー)
 (4ページを開いて)

 

「Close your book.」 (クロウズ ユア ブック)
 (本を閉じて)

 

 

まずはここまでです、ここに出てきた表現はどれも英語のあいさつで使う基本になりますので何度も声に出して読んでみましょう。
あいさつ、教室で使う表現 part2でこの続きを進めていきますが、英語はとにかく「声に出して読む」ということが大切ですからね。

 

ここで紹介した読み方はどうしてもカタカナで書くと実際の音とは違ってしまいます。できれば教科書にあわせたCDを購入してそれを聞きながら何度も自分でも発音して真似をすることが一番よい練習方法です。

スポンサードリンク


LINEで送る

ページの先頭に戻る