中1英語 1学期中間テスト対策 part1

LINEで送る

スポンサードリンク


1学期 中間テスト対策の練習問題 part1

次の日本文にあう英文になるようにカッコ内の語を並べかえなさい。ただし余分な語が1語あります。

 

(1) はじめまして。
 (you, nice, meet, not, to)

 

(2) 私は田中ケンです。
 (Ken, am, I, are)

 

(3) あなたは中国の出身ですか。
 (China, are, you, from, not, ?)

 

(4) いいえちがいます。私は日本の出身です。(2の答えとして)
 (I, I, am, am, are, not, Japan, from, no)

解答・解説(1)

(1) はじめまして。
 (you, nice, meet, not, to)

 

まずは簡単な問題です。

 

この言い方は何度も聞いているでしょう、これは落としてはいけませんよ。

 

この「はじめまして」というときに「not」は使いませんね

 

正解)
「Nice to meet you.」
(はじめまして)

解答・解説(2)

(2) 私は田中ケンです。
 (Ken, am, I, are)

 

次に「私は〜です」といい方です。このいい方は「I am 〜.」となりましたね。

 

正解は「I am Ken.」です。

 

またこの文は短縮形というものを使ってI'm Ken.」ということもできました。

 

「I am」=「I'm

 

でどちらも「私は〜です」という意味になります。

 

気をつけないといけないことは、「I am」は2語になりますが「I'm」は1語として数えます。

 

つまりカッコや棒線が与えられている問題の場合はその数に合わせてこれらを使い分けないといけないということです。

 

気をつけましょう。

 

ちなみに「are」は「You are 〜.」というように「You」とセットで使うものなので、ここでは使いません。

 

正解)
「I am Ken.」
(私はケンです)

解答・解説(3)

(3) あなたは中国の出身ですか。
 (China, are, you, from, not, ?)

 

次の問題は「ですか」となっているので「疑問文」です。疑問文の時には「Are you 〜?」となったことを思い出してください。

 

また、「not」は「〜ではありません」という意味になる時に使ったのでここでは使いません。
「from」という単語が「出身」という意味でした。

 

正解)
「Are you from China?」
(あなたは中国の出身ですか)

解答・解説(4)

(4) いいえちがいます。私は日本の出身です。(3の答えとして)
 (I, I, am, am, are, not, Japan, from, no)

 

最後の問題です。

 

これは上の(3)に対する答えの言い方です。まずは「いいえちがいます」の方から考えましょう。

 

「いいえちがいます」 → 「No, I am not.」

 

「Yes」で答える時には「not」を使いませんが(Yes, I am.)、「No」で答える時には「No, I am not.」と「not」が入りますので忘れないようにしましょう。

 

次に「私は日本の出身です」ですが、上の問題でも出てきましたが、「出身」は「from」を使います。

 

「私は〜の出身です」「I am from 〜」となります。あとは「〜」の部分に出身地を入れれば完成です。

 

「私は日本の出身です」 → 「I am from Japan.」

 

この問題では「are」が不要な1語でした。

 

正解)
「No, I am not. I am from Japan.」
(いいえちがいます。私は日本の出身です。)

 

中1の最初のテストはそれほど難しくはありません(と思います)。みんなが一番点数を落とすところがどこか分かりますか?

 

それは、「ピリオド」「クエスチョンマーク」「大文字・小文字」「コンマ」です。

 

これらを忘れてしまい、大量に減点されてしまうというパターンがとても多いので、1問とくごとに「大丈夫かな?」と確認をするクセをつけましょう。

スポンサードリンク


LINEで送る

ページの先頭に戻る