中1英語 助動詞can

LINEで送る

スポンサードリンク


助動詞can 日本語の訳し方

助動詞can part1のつづき

 

ここでは「can」を使った文の訳し方について説明します。

 

日本語に訳すときですが、「can」の意味は「〜することができる」です。しかし必ずしもこのように訳さなくても大丈夫です。

 

日本語でも「することができる」以外に「〜れる」「〜られる」という言い方をしますよね。それでも大丈夫です。

 

大丈夫というよりもテストの問題ではそのような訳し方で出されることが多いので、意識していないとうっかり間違えてしまいます。

 

例)
「私は歌を上手にます」 → 「I sing a song well.」
「私は歌を上手にます」 → 「I can sing a song well.」

 

上の2つの文を見ると「歌います」と「歌えます」というところだけが違っています。

 

この微妙な違いを見落とすと間違えてしまいますから注意が必要です。

 

 

「泳ます」と「泳ます」
「歩ます」と「歩ます」
「使ます」と「使ます」

 

これらは後ろの言い方は全て「〜できる」の言いかえになります。

 

これらを全て主語を「私は」として作ったとすると次のようになります。

 

「私は泳ます」 → 「I swim.」
「私は泳ます」 → 「I can swim.」

 

「私は歩ます」 → 「I walk.」
「私は歩ます」 → 「I can walk.」

 

「私は使ます」 → 「I use.」
「私は使ます」 → 「I can use.」

 

こういう違いが出ます。この違いはきちんと区別できるようにしておきましょう。

 

助動詞can part3 否定文と疑問文、答え方につづく

スポンサードリンク


LINEで送る

ページの先頭に戻る