中1英語 過去形 現在形と過去形

LINEで送る

スポンサードリンク


過去形 part1 現在形と過去形

ここでは「過去形」という内容を説明していきます。
次の点に注意して読み進めてください。

 

・過去形とはどうやって作るのか?
・これまでの文とどこが違うのか?

 

それでは始めていきましょう。
まずは過去形というものがどんなものなのか考えてみましょう。

 

これまで勉強してきたものは「現在」の話でした。

 

「私は日本に住んでいます
「彼は英語が好きです
「あなたは学生ですか
「私の兄はとても速く走れます

 

これらの言い方はすべて「現在」のことを言っていますよね。それに対して次のような文だったらどうでしょう。

 

「私は2年前にアメリカに住んでいました
「彼はその時家にいませんでした
「あなたは小学生の時サッカーをしていました
「私の兄は病気がちでした

 

このような言い方はどれも「昔」のことを言っていますね。
このように昔のことを「過去」といいます。

現在形と過去形の違い

では過去のことを伝えるにはどうしたら良いでしょうか?

 

まずは日本語の場合で考えてみましょう。
日本語で現在のことと、過去のことをいうときにはどこが変わりますか?
例えば、

 

「あなたは毎日テレビを見ます
「あなたは昨夜テレビを見ました

 

この2つの文を見てください。上が「現在」下が「過去」ですね。
どこが違うか分かりますね。

 

「毎日」と「昨夜」というところも違っていますが、そこよりも注目してもらいたいのは

 

現在:「見ま
過去:「見ました

 

ここに注目してください。
日本語では

 

現在:「〜です」「〜します
過去:「〜でした」「〜しました

 

のようになりませんか。これは日本語の「述語」が変わると言えますね。

 

これを英語の場合で考えると、「動詞」が変わることになります。

 

つまり英語で過去の文を作りたいときには“動詞を過去にしてあげればよい”ということになります。

 

この動詞の過去の形のことを「過去形」と呼びます。そのまんまですね。^^

 

 

過去形 part2 規則動詞の文につづく

スポンサードリンク


LINEで送る

ページの先頭に戻る